やはり、自分の老後は自分で守るしかないって話

皆さんお疲れ様です。
クラッドです。




先日twitterで年金の受給開始年齢を70歳にでも引き上げよう・・・という意見が出ていると知りました。
以下、引用分

年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見

公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。

引用先(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000017-asahi-soci

自分は賛成


年金の受け取り年齢の引き上げ議論に関しては自分は正直賛成です。
何故なら、現代の年金のシステムをこれからも維持することは不可能だと個人的には思っています。
毎年高齢者が増え、それに伴い年金支給は増え、社会保障やら医療費は毎年膨大に増え続けています。
さらには、少子高齢化により、生産年齢人口は年々減りつつある現状を踏まえれば、
少しでも高齢者への年金受給年齢を引き上げ、税金面での負担を減らすべきでしょう。

また、現代の年金受給世代にも、年金だけじゃ生活ができない人も多くおられると指摘があります。
さらに、今の高齢者は65歳でも非常に元気な方が数多くおられ、それらシニア層は経験も豊かであり、知識も豊富です。
これらの人材を有効に活用しない手はない!!!と私は思います。
これにより、労働者不足の緩和にも少しはつながるでしょうし、
高齢者自身、給与所得を得られ、生産年齢人口の負担は減り、国家的には税制負担が減ります。

ですので、個人的には大賛成です。

ただし、当の年金受給世代は働きたくないでしょうし、現代の日本の政治を考えれば年齢別の人口比で若者が年寄に勝てるわけがないのです。

それに、私は今の年金制度に関しては信頼していませんし、自分ら世代が年金だけで老後の生活を送れるとは1つも思っておりません。
世の中は残酷なんですよ・・・

残酷な現状を認識して、どうするか?

こんなのもう答え出ていますよね。そうです、投資するしかないんですよ。
本当に、自分の人生を送るなら自分で将来を見据えた投資を行う、ある意味これだけが人生を豊かにでき、人生を変えられるものだと、私は信じています。

このブログは(一応)若年層向けに書いているつもりです。
そのため、このブログを読んで下さる方はまだまだお若い方が多数おられると思います。

皆さんは自分の人生をどうお考えですか?
多くの人がこの世に生を受け、おそらく20歳前後で社会に出ます。
今の日本の平均寿命は大体男性が81歳 女性が87歳ほどだそうです。

仮に65歳から年金を受け取るとしても、15年~20年は年金生活ですね。
うまく年金生活ができる恵まれた環境だったとしても、身体がついていかないでしょう。
金はある、時間もある、でも、頭は動かない、身体も動かない。
このような人生を皆さんはお望みでしょうか?

20歳から65歳まで仕事をするとしたら、ざっくり45年間も仕事漬けの人生ですよ??
皆さん、考えたことはあるでしょうか。
私は大学卒業してから、新卒で入社しました。
今現在既に2年半ほど社会人として労働者の、雇われの身分をしています。
そのわずか、2年半という短い期間でありながら、
何度働きたくない・・・仕事したくない・・・そう思い、言葉を発したかもはやわかりません。
これからの残りの43年の人生もこんな人生を送るのは、
絶対に嫌です。
若いうちに、金も手に入れ、自由を掴み、色々と旅としたり、楽しいことをしたいです。

そのために、長期投資での資産形成を今後とも頑張って参ります!
少しでも、皆さんの投資に参考になればと思います。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

自由を掴むために・・・!!!

励みになります。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

解析

よろしければシェアお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ