【節約】家計を定期的に見直して、無駄な支出を削減しましょう!

皆さんお疲れ様です。
クラッドです。
いつも【クラッドの投資で自由を掴むブログ】を見て頂きありがとうございます。




家計は固定費と変動費の2つの費用から成り立つ


家計=固定費+変動費 となります。

4
主な固定費

・住宅ローンなどの家賃
・スマホ代やインターネット代などの通信費
・新聞代
・電気水道ガス代などの光熱費
・保険代

などなどが固定費にあたります。

つまり、
固定費とは日常の生活を営む上で必要となる一定額の支出の事です。

主な変動費

・食費
・交通費
・被服費
・レジャー費
・娯楽費

・雑費

などなどが変動費にあたります。

つまり、
変動費とは日常の生活行動の変化により、変動する支出の事
です。

節約をするにはどっちの抑制が効果的?


結論からお話しますと、
クラッド的には固定費を抑制する方が良いと思います。

理由をお話しますと、
家計の削減を行い、節約をしようとする人の多くは変動費から抑制する事が多いとされます。
変動費は食費や交際費、被服費などが含まれています。
そのため、
外食を減らし、自炊を行う。
飲み会などの回数を減らす。
ファッションにかけるお金を減らす。
などなどがあります。

確かに、変動費の削減も大事な要素かと思います。
ただ、変動費の削減を継続して行い続けれるか?と言えば、それはなかなか難しいのではないでしょうか。

しかし、固定費の削減は一度行ってしまえば、特別我慢する必要もありません。

例えば、毎月の家賃7万のアパートから家賃5万のアパートに引っ越すとします。
(住居環境は引っ越しの前後でほぼ変化なしと仮定します。)

7万の場合 年間では12か月✖7万=84万
5万の場合 年間では12か月✖5万=60万
差額は年間で84万-60万=24万となります。

これだけで年間24万の節約になります。

以上の事を考えると、
長期的には固定費を削減する事の方がメリットがあるのではないでしょうか。

まとめ

家計を定期的に見直すことは非常に大事な事ではないでしょうか。
投資資金を1円でも多く捻出するために、無駄な支出を抑制させたいと思います!

また、固定費も変動費も双方ともバランスを取りつつコントールする事が大切でしょうね。

それでは皆さん、最後までお読みくださってありがとうございました。

自由を掴むために・・・!!!

励みになります。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

解析

よろしければシェアお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ