地政学編一覧

【地政学編 アイスランド】~資源小国から再生可能エネルギー大国に大躍進! 大西洋上に浮かぶ島国の国家戦略~

地政学編第17弾!は北極圏に位置する火と氷の国、アイスランドについてです。 世界有数の漁業規模を有し、水力発電と地熱発電により電力の完全自給を発生している 再生可能エネルギー大国となります。 また、世界初の議会が開催された歴史があり、北極海航路就航に関して注目度が 高まっている国家となります。

【地政学編 アメリカ(2)】~世界の経済・軍事の頂点!全世界の海洋を支配する最強の覇権国家!~

地政学編第1弾!は北米大陸の中心部に位置する大国、アメリカについてです。 経済規模・保有資源規模・人口・軍事力・国際政治力、どれを取っても世界の覇権国家 であるアメリカの成り立ちと国際戦略について、地政学的視点からの紹介となります。

【地政学編 ポーランド】~国家の消滅を何度も経験した悲劇の国。現代は中東欧における地域大国へと躍進!~

地政学編第16弾!はヨーロッパの中心部に位置する草原の国、ポーランドについてです。 古くはヨーロッパの覇権国という黄金時代を築きましたが、何度も地図上から消滅するという悲劇を経験。 その地勢的な宿命から度重なる戦争の歴史を歩んできた国となります。 そんなポーランドが置かれた地政的側面から同国の経済・産業・自然環境などを紹介します。

【地政学編 ベトナム】 数多の侵略者を打倒した不屈の国家! 近年は南シナ海を起点に地政学的重要性が急上昇!

地政学編第15弾!は南シナ海に面し、インドシナ半島の東部を領有するベトナムとなります。 古くは中国・次いでフランスの植民地、日本軍進駐、アメリカとのベトナム戦争など諸外国に 振り回され続けた歴史を持ちます。 そんなベトナムが置かれた地政的側面から同国の経済・産業・自然環境などを紹介します。

【地政学編 サウジアラビア】脱石油を目指す世界第2位の産油国!イスラム世界の盟主が目指す未来とは

地政学編第14弾!はペルシャ湾・紅海に面し、アラビア半島の8割を領有するサウジアラビアとなります。 石油大国としてだけでなく、イスラム教の盟主として国際政治に非常に強い影響力を有しています。 サウジアラビアが置かれた地政的側面から同国の経済・産業・自然環境などを紹介します。

【地政学編】小国の地政学~バルト三国 エストニア・ラトビア・リトアニア~ 周辺の大国に翻弄され続けた国家たち

地政学編第12弾!今回はバルト海に面し北ヨーロッパに属するバルト三国についてのお話となります。 バルト三国ってどんな国があるの?それぞれの特徴は?そんな疑問にお答えします。 自然・歴史・人口動態・そして地政学的視点で解説。

【地政学編】オーストラリア ~マイナス成長を27年間経験していない不況知らずの資源大国~

地政学編第10弾!オセアニアの国、オーストラリアの紹介です。 同国は、1991年以来、27年連続で経済成長を遂げている不景気知らずの 資源大国となります。 また、経済・人口規模では中堅国家でありながら、世界で大きな影響力を持つ理由を 解説!